レンタルサーバーの良し悪しとは?

レンタルサーバーの性能と使い勝手

個人や中小企業でホームページの開設や運営をする際、レンタルサーバーを利用するのが一般的です。
特に個人事業主の場合はレンタルサーバーを利用することでサーバーの管理の手間が省け、それにかかる諸費用の削減にもつながります。
そのため、手軽にホームページを作成できるといったメリットがあるのです。
さて、レンタルサーバーにはそれぞれ容量や転送量、ドメインの数などの性能があり、それによって使い勝手が決まることが多いです。
例えば、記事をたくさん書き、動画や画像の使用が多い場合には数百ギガの大容量プランの契約が効率的です。
また、異なるドメインをたくさん所有したいという場合はマルチドメインが無制限の方が新規ドメイン作成の際、追加費用がかからずにすみます。
それから、ホームページを頻繁に更新するユーザーの場合、アップロード時間を気にする場合が多いことでしょう。
その場合は転送量の大きいプランであるほどファイルのアップロード時間の短縮が期待できます。

レンタルサーバーは性能が桁違い

無料ブログや無料でのショッピングサイトが流行っていますが趣味で始める分には何の問題もありません。
リスクがあるとすれば提供元がそのサービスをやめると言ってきた時に、移管しなければいけない事です。
若しくは突然その会社が破たんした時です。
ブログの記事が保障されるという事はありません。
ブログやネットショップをビジネスとして始めるのであれば最初からレンタルサーバーと契約する事を」強くお勧めします。
費用は契約内容にも異なりますが月間1000円も出せば十分な性能を発揮してくれます。
具体的に何が無料のものと違うかと言うと容量です、容量が少ないとサイトが重くなる可能背があります。
それではせっかくの訪問者を不快にさせて離脱率を上げてしまう事に繋がりかねません。
またレンタルサーバーと合わせて契約する必要がありのが独自ドメインです。
レンタルサーバーの会社が破たんする事は考えにくいですが、独自ドメインさえあれば会社が破たんする前に別会社に移管する事が出来ます。

pickup

最終更新日:2015/11/20

COPYRIGHT(C) 2015 Server NEXT. ALL RIGHT RESERVED